世界で唯一、痛みのない骨膜矯正術

アポロヒーリングセンター〜整形外科・接骨院・カイロプラクティック・針・灸・指圧・マッサージ等すべて体験して効果の無かった方ご相談ください。
FOAきらく整体 名古屋駅前店 HP
世界で唯一「整膜療法(FOA)」による腰痛・ヘルニアの痛み解消へ
過去、一部の腰痛やヘルニアは治すことができない、と言われてきました。
そして実際にそのような症状で悩まれている方は、途方にくれるような状態だったのです。整形外科やカイロ等で治らずに、難治性の腰痛で当院に駆け込んでくる方が後を
絶たないことからも、これは容易に想像できます。

当院に初めていらっしゃる患者さんの中には、ヘルニアの激痛がひどく歩けないで来院した方が、帰りには誰の手もかりず歩いて帰る姿をみて驚かれ、また実際の
施術が想像しているものより遥かに心地いいことに2度びっくりされる場合があります。 これらは私どもの最新の施術研究の成果です。
「痛みを引き起こしているのは必ずしも骨や筋肉ではない」
このようなことをお伝えすると、驚かれる方がほとんどです。
でも、現代では骨や筋肉には痛みを感知する痛覚があまり存在しておらずこれらが原因で痛みが生まれているのではないことが指摘されています。

私達の施術は、腰痛とヘルニアに対する基本的な疑問から始まっています。

「あなたを苦しめている痛みは一体どこから生まれているのか?」
それはおそらく"膜"から生まれているのだ、というのが私たちの答えなのです。
「ヘルニアや腰痛の痛みの真の原因は筋筋膜痛だと考えると世界が逆転する」
私たちは、痛みの本体がCDであると突き止めました。
CDとは、Collagen Dysfunction = 膠状線維機能異常のことです。この理論によると、従来のヘルニア・腰痛の施術や診療がいかに不正確なものだったかが明確になります。そして、ヘルニアを治すことできると断言できるようになったのです。 
「繰り返します、対症療法を無意味に繰り返すことがなくなるのです」
"膜医学"これは聞きなれない言葉かもしれませんね。
骨膜矯正という名称を日本で(あるいは世界で)初めて当院が使っていますが
実際には"膜医学"という考え方をもとに考案された改良された施術法なのです。
膜医学=Fascial Orthotic Approach(FOA) とは、私たちが提唱する矯正手法です。
今まで、靱帯や健などの膜組織に対する有効的な矯正手法が開発されていませんでした。
確かに、筋膜療法=Myofascial Releasse という手法は存在しましたが、それもただ闇雲に筋膜を伸張させるのみで、治療主体がはっきりとせず、筋硬結等の治療にはうまく成果が上がらなかったのです。
そこで、私たちは、日本古来の療術の手法の中に、この筋硬結を解消する方法を求めたのです。
そして、ついに見つけることができました。
その源流は、2つの流派から得たのです。
ひとつは松本道別先生が創設なさった霊動療法:強圧微動術。いまひとつは小山善太郎先生創設の血液循環療法です。
つまり、血液循環療法の指の使い方で強圧微動を行えば、筋硬結は解消することを突き止めたのです。
「強圧微動こそ、筋硬結を解くカギがある。」と考えたのは、なにも私たちだけではありません。
筋硬結の世界的権威・平成帝京大学教授 辻井 洋一郎先生も、強圧微動により筋硬結の緩解を目指しておられます。しかし、辻井先生の場合、マイオ バイブと呼ばれるバイブレーターを用いられます。
しかし、私たちは、手指にこだわります。
なぜ、手指か。それは、用いる材料の硬さに問題があるからです。
バイブレーターを用いる場合、それが皮膚と接触する部分は、当然、金属ということになります。金属と私たちの身体を較べたとき、もちろん、金属の方が硬いのです。それが皮膚の上を強圧で微動すれば、いったいどういうことが起こるのでしょう。一歩間違えれば、筋硬結だけではなく、軟部組織の破壊につながりかねません。
これが手指の場合、最初こそ違和感がかなりありますが、強圧微動して時間がたってくると、その違和感がなくなっていくのです。
それは、私たちの指もまた、軟部組織でできているからです。
ですから、時間と共に指自体が皮膚と融合し、深部へ深部へと到達できるのです。このことは、粘弾性理論が理論的背景にあります。このため、私の爪の先は、長年に渡る強圧微動によって、丸く変形しているのです。

指圧やマッサージでは、深部まで指が届かず、また、痛みの発生主体を捕まえることもできず、そのため、いつ矯正をやめるのか、また、やめるべきなのか判断もできず、ついには、投げやりな治療をしてしまいがちになるのです。
つまり、手指にしても、使い方ひとつで、かなりの深部の筋硬結を探ることも、深部の筋硬結を緩解することも可能なのです。
この指使いは、今まで、指圧でもマッサージでも用いられていない、特殊な使い方なのです。療術に通じておられない方は、きっと、何十年修行されても、この特殊な手法に気づくことはないでしょう。
この手法をあみ出してから、本当に療術師であって良かったと思い、また、優れた先輩療術師がいてくれたことに心から感謝しています。

こうして、私たちは、靱帯や関節包・筋付着部の腱に存在する筋硬結を的確に見つけだし、これを確実に緩解消失することが自在にできるようになったのです。
また、西原克成先生の実験進化学・平澤弥一郎先生のスタシオロジーに触れ、人間とはどのような存在なのか。なぜ、腰痛が起こるのかを、進化論のレベルで語れるようになったのです。
そして、あるべき腰の姿と肩の姿を、簡単な方法で探り出すことにも成功いたしました。これによって、簡単に腰痛予備軍・五十肩予備軍を判別でき、そうならないための運動方法も開発することに成功したのです。
私たちは現在、腰に関するほとんどの悩み、痛みに自信を持って施術できるようになったのです。
これは従来手法ではお手上げだった腰痛・ヘルニア等を含めてという意味です。
他医院や整形外科で治らなかった方も、ぜひ一度私達をたずねて見てください。

先人の手技療法家・霊術家・療術師達がなし得なかった夢、慢性痛からの解放が私たちの手元にあります。
彼らの夢が、私たちの技で叶えられる。
それも心地よく、短時間のうちに、そして体への負担も少なく。
そんな夢のような矯正手法への扉を開くものこそ、膜組織に対するアプローチ:膜医学=Fascial Orthotic Approach(FOA)なのです。

私たちは、これからも皆様の身体のことばに耳を傾けながら、一歩一歩前へ進んで参ります。
期待を超える結果をお出しすることが、私達の喜びなのですから。

 
骨膜矯正塾 代表
浦田 学

慢性腰痛・ヘルニアの症例と施術
お客様の広場
アクセスマップ
プロスポーツ障害と腰痛
ご予約はお電話にて御願い致します